FrontPage

本書の各部の構成を解説します。

第一部

概要

RFCのようなモノを想定し、ドラフトからRFCになっていく課程を再現しながら、RFCのような仕様書を策定する。
具体的な内容としては、SIPをベースとしたIMで使用可能なプロトコルを策定する。
(ただし、SIPをベースとはするが、本書としてはあくまでゼロベースから設計しているという見せ方をする)

構造

  • 節=一機能単位での解説する
    • 何を作るのかを記述
      • それをかみ砕く解説。例を挙げて説明。
    • 虎の巻より、サンプルを抜粋
      • それを、独自の形に変更
      • その解説
  • 虎の巻として、HTTPを持ち出している。
    • 「なぜ、そのようにしたのか?」を示すものとなっている。

第二部

概要

RFCをどう読んで、それをどう設計・実装するかを、実際に設計・実装しながら解説していく。
最終成果物としては、Stack と それを利用する簡単なアプリケーション(チャットのようなモノ) が出来上がる。

構造

  • 層=章単位での解説。
    • nRFCより、記述を抜粋
      • 役割の洗い出し
      • それをかみ砕く解説。例を挙げて説明。
  • 実装
    • どんな動作が必要かの洗い出し
      • インタフェースの決定(擬似コード)
      • シーケンスの決定(擬似コード)
    • 初期実装
      • 正常系的なものの実装
      • 状況により、部分的に説明していく
    • 上層との接続
      • これは、すべて共通パターン
    • 動作させてみる
      • 正常系動作確認
      • 異常系の動作不具合
      • 異常系の実装

第三部

概要

すでにあるStackを用いてネットワークアプリケーションを作るには、どうするのがよいのか?を解説する。

構造

  • 節=一機能単位での解説。
    • 何を作るのかを記述
      • それをかみ砕いて解説。
      • UMLのユースケースとして記述
    • 設計する
      • 疑似クラスを作成する
      • 疑似シーケンスを作成する
    • 実装する
      • クラスを作成する
      • シーケンスを作成する
      • 実装する